COCOROってどんなとこ?


法律で定められた障害児通所施設です。

未就学児は児童発達支援、就学児は放課後等デイサービスでのサービス提供となります。

 

・心のまなびステーション・

COCOROはそれぞれに違う発達の個性を活かし生活して行くスキルを身につける場所です。

COCOROの長期目標
ソーシャルスキルを身につけ、一般就労を含めた円滑な社会生活を自分らしくいきいきと住み慣れた地域で送れる大人に育てる事です。

COCOROの療育手法
1歳半程度から対応できる柔軟性ある療育手法を独自に開発。
遊びの中に感覚統合や応用行動分析の考え方を基本にお子さんの状態を行動と環境の相互作用として捉えてお子さんに必要なスキル獲得のための指導をスモールステップで達成感を与えながら構造化された環境の中で行っています。

※専門職員による心理検査で客観評価を定期的に行います。(田中ビネー、KIDS)
※医師との緊密な連携を行っています。(連携医 木田小児科医院 ほか多数)

得意とする分野
・言語理解、表出の助長
・社会性の向上 (対子ども、対成人社会性、日常の社会性)
・小学校の授業を着座して受けることが出来る落ち着きの確保など
・自己肯定感の確保、達成感、充実感、成功体験を積み重ねること
・嬉しい楽しい!!を育み新しい事にチャレンジする好奇心を養う



共同で創作活動 協調性の助長








                      
                           落着いて着座、活動に没頭しています